ヒプノセラピー効果

ヒプノセラピーについて

「ヒプノセラピー」と言う言葉をご存知でしょうか。
ヒプノセラピーは心理療法の1つで、心が抱えている問題、自分自身が抱えている悩みを改善する為に、心の奥深くの深層部と呼ばれる部分に働きかけて行う療法になっています。
自分自身が今現在感じていない様な心の奥深くに有る暗い暗示を、知らない内に自分自身にしてしまっているのです。
自分自身の事を好きになれなくて、「何をやっても上手くいかない」と言う暗示が有ると、何かを始めようとしてもその暗示が知らない内に働いてしまって、上手くいかない様な現実に向かって行く様になるのです。
そしてまた「何をやっても上手くいかない」と言う暗示が強く心の奥深くに刻まれてしまうのです。
こうした暗い暗示を解いていこうと心の奥深くに働きかけるのがヒプノセラピーの効果になります。
自分自身のありのままを受け止めさせ、暗い暗示が有る事を確認させる事で、今抱えている悩みや問題が有る理由を突き止められ、解放される様になっていくのです。
こうする為には自分自身が何が問題になっているのか分からないので、潜在意識に働きかけてその暗示を表に出していこうと言う物になります。
ヒプノセラピーはセラピストが働きかけて、自分自身で答えを出せる様に導きだしてくれる事によって高い効果を得られると言います。
目に見えない事なので、胡散臭いと感じる方も多いと思いますが、効果を感じている人も実際にいるので正しい知識を持ってほしいと思う療法だと思います。

アダルトチルドレンについて

インナーチャイルドと言うのはヒプノセラピーと言う催眠療法の1つで、潜在意識の中に眠っている幼少期の頃の記憶や感情を引き出してくれる療法の事で、効果が高いと最近注目を集めています。
幼少期に傷ついた際の経験や感情が潜在意識の中に残ってしまい、それが大人になっても無意識に行動として影響を出し、躊躇や不安や恐怖を感じてしまい、日常生活にまで影響を出してしまう様になります。
その状態のまま何も対処しなかった場合、日常生活において精神面で影響を出したまま大人になってしまいます。
そんな状態の方を「アダルトチルドレン」と言う様に呼んでいます。
アダルトチルドレンになってしまった方は、大人になりきれない子供と言う意味では有りません。
自分を卑下してしまったり、自分の状態が悪いのを他人のせいにしてしまったり、色んな事をマイナス目線で見てしまったり、被害者意識が強かったりしてしまう事が特徴として挙げられるそうです。
状態が良い悪いは別として、日本でアダルトチルドレンだと思われる人は人口の約9割にもなるそうで、大抵の方は何かしらの影を持っている事になります。
この状態を脱却する為には、ヒプノセラピーのインナーチャイルドの療法で、優しく癒されて自分自身でその状態を脱却していくのが良いと思うのです。
必ずしもヒプノセラピーでアダルトチルドレンに対する効果が出るとは限りませんが、脱却する為の手助けになる1つの方法として覚えておくと良いと思います。